決意「好きなことだけで生きていく〜youtuberになってみた編〜」

 

ここ最近、youtubeに動画を投稿している。

 

いろんなことに対して、最初はもっと簡単だと思ってたし、難しいとも思っていた。

 

どっちだよって話なんだけど、本当にそう思っていたのだから仕方がない。

 

 

さて、実際に動画を作って、投稿して、ない頭でいろいろ考えて

 

自分がどれだけ無知だったのか、を知った。

 

これはやらなきゃ一生気づくことはなかったし、わからないままだったと思う。

 

 

今現在、運営しているアカウントは3つ。

 

・自分の好きなことをたくさんやってくアカウント(怪談朗読から始めた)

・ゲーム実況アカウント

・音楽用アカウント

 

やってみるまで知らなかったが、15分以上の動画を投稿するのと、カスタムサムネイルを使うには電話番号を登録する必要もあって

 

それは一年間に2つまでしかもてない。

 

音楽用はさほど関係がないとは言え、知らなかったゆえに制約を受けてしまっている。

 

 

あと、最初はiPhoneだけで全部できると思っていたが、少し違った。

 

できるにはできるんだけど、もっとクオリティの高い動画を作ろうと考えると、どうも壁にぶち当たった。

 

例えば怪談朗読で言えば、最初は顔出しでやってたんだけど、どうも顔出しはマンネリを生むということにも気づいた。

 

そもそも顔出しである必要性もなく、顔出しにそこまで恩恵がない。

 

www.youtube.com

 

画面という媒体に人物が映ることで、俺自身の求める「怖さ」と自分の自信のある「喋りの怖さ」が殺されてしまう。

 

だから、考えたのは日常で見る分の動画でやるなら、やはり朗読は画面には自分が映らない方がいい。

 

その場合、音質にこだわる必要が出てくる。

 

から、少し安いけどマイクを買ってみた。

 

もっといいものを作るにはもっといい環境にしていかなきゃならない。

 

 

ゲーム実況もiPhoneひとつで出来るけど、マイナーなスマホゲームは音量の調整ができないので、声がBGMにかぶる。

 

www.youtube.com

 

そのためには別録りしたほうがいいということにも気づいた。

 

まさにトライアンドエラーの繰り返し。

 

 

動画の編集のために、そんなに安くないアプリも買った。

 

編集にはとんでもない時間もかかるし、無知なまま立ち往生してる自分が痛いほど痛感できる。

 

 

ものすごく割に合わない生き方を選択したと思う。

 

だから、辞めていく人が多いのも実感できる。

 

…だけど、そう思っても、一番に浮かんできたのは

 

「楽しい」だった。

 

自分が生きにくいと、発信しにくいと考えていたことを、具現化できる。

 

しかも、環境をよくすること、自分の能力を上げていくことが苦じゃない。

 

このためだったら、なんでもできる。

 

ちょっと言いすぎかな?でもこれくらいの気持ちがyoutuberになるために、一番に必要なものだと思っていて。

 

何でもやれるからこそ、何をするかを選択していく。

 

そこにお金がついてくるから選択するのではなく、楽しく生きた結果お金がついてくるようになりたい。

 

それが一番理想。

 

だから、今はもっと上へ。

 

難しくて、簡単だからこそ、諦めたり辞めるのはあっという間に選択できる。

 

だけど、今はこれが本当に楽しいから。

 

とにもかくにも、俺がやりたいことを心からやる。

 

時間が足りない。

 

もっと、もっとだ。

 

 

この道が正しいかは分からない。

 

報われるかも分からない。

 

…だからと言って、『「やらない」はない。』

 

 

この記事を書いたのは、自分の中の決意の表明と、今までの自分を線引きするため。

 

 

しっかりと胸張って生きていく。

 

youtuber 「JoYん人」のこだまとして、ここに刻んでいきます。

なんてことない思い出が、味を特別なものにする

 

普段、実はカップ麺を食べることはあまりない。

 

セブンイレブンにある、蒙古タンメン中本くらいは定期的に食べたくなるが、そこまでカップ麺を求めてはいない。

 

もともとコンビニ弁当や、カップ麺といったものが苦手だから、本当に食べないんだけど、それでもずっと好きなカップ麺がある。

 

それがコレ。

 

f:id:joinchu:20190724170534j:image
f:id:joinchu:20190724170530j:image

 

カップヌードルのチリトマト。

 

普通に美味しいのもあるけど、これは俺にとって本当に特別な食べ物だ。

 

 

今から10年と少し前。

 

俺は東京に住んでいた。

 

今と違って、考え方や思考も未熟で、精神的にももちろん未熟だった。

 

この当時、職場の先輩の紹介で知り合った、一つ歳上の女の子と付き合っていたのだが

 

今思えば恥ずかしいほどに、俺は子供だった。

 

ヤキモチという言葉では済まないほどの「束縛」もしていたと思う。

 

そんな俺を彼女はいつも優しく包み込んでくれた。

 

喧嘩が始まるのも、ほとんどは俺のわがままで、それでも離れなかったのは、彼女が本当に大人だったとしか言い様がない。

 

 

ある日、彼女を含む職場の先輩たちと遊んでいたのだが、楽しすぎて終電を逃した。

 

…正直に言うと、彼女と離れたくなかった俺は、正直に言えば「終電を逃したフリ」をした。

 

父子家庭の彼女は、家にはさすがに泊めれない…と困っていたが、すぐに思いついたようで

 

「お父さんの車があるから、そこにこっそり泊まる…?私も一緒にいるから」

 

と言ってくれた。

 

団地住みだったので、駐車場から距離があって夜中はお父さんは外出しないらしい。

 

俺は、何でもよかった。

 

彼女と一緒にいれるなら、どこでもいい。

 

 

その日、彼女は一旦家に帰り、お風呂に入った後に、お父さんに「友達の家に泊まってくる」と言って家を出てきた、と言っていた。

 

その時に持ってきてくれた夜食が、カップヌードルのチリトマトだった。

 

2人で一緒に「悪いことをしている」という背徳感に少しだけ酔いながら、同じものを食べた。

 

「これ結構、美味しいね」なんて、2人して笑った。

 

最初は「カップ麺ってあんまり食べないんだよなあ」なんて思っていたが、彼女と食べたチリトマトヌードルは本当に美味しかった。

 

少しだけ窓を開けて、あそこらへんが私の家だよ、なんて彼女は言ってた。

 

風に乗って、チリトマトの匂いは消えた。

 

あの時の光景は、今でも忘れられない。

 

 

それから数ヵ月後、地元に帰る俺を彼女は見送ってくれた。

 

結局、そのことが原因で「遠距離は無理だ」という話になって、別れることを選んだ。

 

俺は、地元に帰って、彼女がいない寂しさを実感する度に泣いていた。

 

女々しい、女々しい、女々しい。

 

こんなに女々しい男を本当に愛してくれた。

 

自分が馬鹿だったと死ぬほど、後悔した。

 

だけど、自分が選んだ道を進んでいくことが、彼女へのありがとうだと、何度も何度も言い聞かせながら前を向いた。

 

時間はあれから、もう10年という月日を刻み、思い出が色あせていく中で、俺も随分と大人になってしまった。

 

あの時、憧れた大人になんてなれてやしない。

 

だけど、今俺はしっかりと前を向けているだろうか。

 

それがあの人へのありがとうだと思っていた頃の記憶さえ失ってしまっていたわけだ。

 

 

チリトマトヌードルを食べるとき、俺はあの時の車の中に戻れる。

 

そして、その度に泣きそうになる。

 

あの時の車の中の空間を超えるほどの愛しい空間には出会ったことがない。

 

俺にとって、特別な味、特別な香り。

 

あの空間を超える空間に出会えることは、もうないかもしれない。

 

 

…それでも、今の俺の仲間たちは、いつもそれに近い空間を作ってくれる。

 

今。

 

俺は、大切な同志と呼べる人達と共に、戦っている。

 

いつか必ず、この俺のままで、あの時のありがとうを伝えたいと思う。

 

そのために、この仲間たちと一緒に進んでいく。

 

 

なんてことない思い出が、味を特別なものに変える。

 

なんてことない思い出が、過去を特別なものに変える。

 

なんてことない思い出が、未来を特別なものに変える。

 

なんてことない思い出を、噛み締めて生きていく。

 

 

 

カップ麺に菓子パンをひたして食べる男の話

今まで生きてきて33年。

 

菓子パンをカップ麺のスープにひたして食べる人間を2人だけ見たことがある。

 

俺を入れると3人。

 

まさに俺の人生では、11年に1人の逸材というわけだ。

 

違和感を感じたのは19歳の頃。

 

その当時の職場の休憩中に「みそコーンバターラーメン」に「ふんわりたまごパン」をひたして食べた時だ。

 

 

その職場の社員さんが、俺がやった行動に怪訝な表情をしていた。

 

最初はどうしたんだろう?と思っていたが、気にせず俺がもう一度パンをスープにひたすと

 

「ちょっと待て。何してるんだ?」

 

そう言われた。

 

子供の頃からずっとやり続けてきてたけど、昔からの友人や家族にも何も言われたことがなかった。

 

だから、この社員さんの価値観が違うか、狭いかのどちらかと思っていたが、生きてくる過程でいろんな人にこの食べ方の話をしても

 

「え?絶対無理w」

 

「マズイに決まってるじゃん」

 

なんて言い返されてきた。

 

間違っていたのは俺の方だったようだ。

 

ちなみにカップ麺自体はあまり好きではなく、菓子パンとセットじゃなきゃあまり食べない。

 

今更だが、ここでいう菓子パンとは、コンビニやスーパーなんかに売られているジャムパンとかカステラとか、あんこが入ったやつとか。

 

そういった「甘い加工が施されてるパン」のことだ。

 

初心者にはランチパックがオススメ。

 

中級者には外側がパンで包まれている菓子パン。

 

上級者はそのまま、ジャムやあんこ、ようかんをひたして食べる。

 

余談だが俺はこの上級者まで昇華している。

 

今回、個人的にプロジェクトを立ち上げる。

 

そう。

 

真に美味い組み合わせはどのカップ麺と、どの菓子パンなのか。

 

自分の舌で、改めて確かめようと思ったわけだ。

 

そして全てのカップ麺に公平性を与えるために、いくつかルールを設定する。

 

〈ルール〉

カップ麺は側面やフタに記載してある作り方の手順と待ち時間を守る。

└メーカーさん側の考えた、一番美味しい食べ方だろうから。

 

②麺を食べ終わって、スープのみにしてから菓子パンをひたす

└もともとは途中でもひたしてたけど、それだと麺も巻き込む形になるため。

 

③美味しくなくても最後まで食べる

└もしかしたら何かがおこるかもしれない。勝負は最後まで諦めない。

 

④基本的にとんこつベースのカップ麺は選ばない

└とんこつのカップ麺は、大多数が菓子パンと相性が悪すぎるため。

 

 

このルール設定で、この世に在るカップ麺×菓子パンを極めていきたいと思う。

 

ちなみに現時点、暫定一位は決まっている。

 

蒙古タンメン中本×ちぎりパン(バニラチョコ)である。

 

どちらもセブンイレブン

 

今も定期的に食べてしまうくらいクセになってる。

 

蒙古タンメン中本がただでさえ美味いのに、それにふんわり香ってくるチョコの甘みがたまらない。

 

コツは長時間ひたしすぎないこと。

 

パンの繊維が柔らかいので、溶けてスープに落ちると、チョコの甘味でスープが一気に不味くなる。

 

今回からこれを超えるものを探していく。

 

そんな決意のもと、走り続ける。

※実話※人生でシュークリームのことだけを考えた2時間があった話

 

俺は昔からあまりスイーツやデザートのようなものを食べない。

 

甘いのが嫌いとかそういうのじゃない。

 

特に理由はないが、体型維持という側面も少しだけある。

 

あとの理由は、何となくだ。

 

だから強制的に食べることになっても美味しくいただけるし、

誰かにとられても恨んだりはしない。

 

先日、知り合いに

「めちゃくちゃデカイシュークリーム食べることになったんだけど、食べたい?」

と誘われた。

 

上の方で甘いものは嫌いとかじゃない、と書きながら実はあんまりシュークリームは得意じゃなかった。

 

中のカスタードクリームがとにかく苦手だ。

 

ちなみにどうでもいいが、生クリームも苦手。

 

あんまり食べたくないと返事をすると、

 

「あれ?こういう感じのイベント好きじゃないっけ?」と言われた。

 

俺のことをよく理解しているじゃないか。

 

そして、数日後に指定のバーに向かうことになる。

 

なぜか一番最初に着いたのは俺だった。

 

返事もそこそこに、席に着く。

 

10分後、そのデカいシュークリームは常連のお客さんとともに現れた。

 

f:id:joinchu:20190626133841j:image

 

これだけだとまだサイズ感は伝わってこない。


f:id:joinchu:20190626133803j:image

 

とりあえずサイズ感は後で伝えるとして、これが定番のシュークリームらしい。

 

これも野球ボール大くらいのサイズが合って、自分の想像の中のシュークリームよりかは遥かにデカい。

 

…さて、大ボスの登場だ。


f:id:joinchu:20190626133752j:image

 

ホールケーキくらいの箱から現れるビッグシュークリーム。

※BGMはダースベイダーのテーマで。

チャーンチャーンチャーンチャーララーン…


f:id:joinchu:20190626133816j:image

本当に想像よりデケえじゃねえか。


f:id:joinchu:20190626133755j:image

 

さすがに若干の悪ふざけな気がする。


f:id:joinchu:20190626133748j:image

f:id:joinchu:20190626133838j:image

 

どォん…ッッ!!!


f:id:joinchu:20190626133813j:image


f:id:joinchu:20190626133745j:image


小さい方でさえ、並々ならぬサイズ感をしているのに。

 

この小さい方のが一人分で、それの十人分らしい。


f:id:joinchu:20190626133736j:image

 

佐世保にあるお店で、このデカいのは「軍艦シュー」っていうらしい。

 

重さはなんと…2kg。


f:id:joinchu:20190626133806j:image

 

動揺しすぎて、同じような写メ何枚も撮ってしまうという、巨体。

 

これはまさにガンダムで言うところの、サイ○ガンダム

 

f:id:joinchu:20190627164234j:image

 

あと、カラメルソースが入ってる容器が可愛くて気に入った。


f:id:joinchu:20190626133739j:image

 

それにしても、やはり圧巻…。


f:id:joinchu:20190626133757j:image

 

というか、何かはみ出してるやん。

 

大丈夫なん、軍艦シュー…もといサイコ○ンダム。

 

f:id:joinchu:20190627164234j:image


f:id:joinchu:20190626133834j:image

 

ひとしきりの悪ふざけのあとにみんなで分けて食べることに。


f:id:joinchu:20190626133809j:image

 

上でも書いたとおり、小さい方の10人分らしいけど。

 

食べ方難しい。

 

外の生地はパイ生地で、サクサクしてる。

 

カスタードクリーム苦手な人は具合悪くなること間違いなし。

 

これ食べ始めたとき、4人だったからね。

 

さすがに半分行く前に4人ともぜえぜえ言い始めた。

 

最初は笑ってたけど、みんなの笑顔が消えた。

 

だってその証拠に、これ以降の写メを撮ってない。

 

もうみんな必死だった。

 

途中から来たお客さんたちにも助けてもらったが、その人たちは一口だけ食べて「もういいですw」と言った。

 

別のお客さんたちにも振るが「私、シュークリーム苦手なんですw」と言う。

 

 

 

 

…俺もやねん。

 

 

 

食べ始めから、2時間が経過しようとしていた。

 

もう…終わらせたかった。

 

そのタイミングでふいに入ってきた合コン帰りの酔っぱらいのお兄さんが

「いいんすか〜?笑」とか言いながらフィニッシュ。

 

終わった。

 

人生でここまで長く「シュークリームのことだけを考える時間」なんて存在するのだろうか。

 

俺は俺の人生で、一生分のシュークリームのことを考える時間を、この時に使ったかもしれない。

 

しかも美味しいところがまた罪深い。

 

最後はカラメルソースを飲むように食べた。

 

甘いのは嫌いじゃないけど、さすがに具合は悪くなった。

 

みんな苦しそうだったのに、

 

「一年くらい経ったらまた挑戦したいよね」

 

「次はメンバー増やさないとね!」

 

とか言ってた。

 

俺はもう絶対に食べない。

 

その思いを胸に、勘定をして帰った。

 

夜中、お腹がすいて眠れなかった。

 

飛び火でサイ○ガンダムが少し嫌いになった。

 

お料理クリエイトNo.1〜スパイスでカレーを作った話〜

 

2019年も半分が過ぎた。

 

つい一週間前くらいまで23歳だった気がするのに、もう30歳を過ぎていた。

 

新年が明けてしばらくして。

 

急に思ったんだ。

 

「スパイスからカレー作ってみてえ。」ってね。

 

何でかって、そりゃ答えは簡単。

 

カレーが好きだから。

 

カレーを作るのに理由がいるかい?(誰にも聞かれてないけど。)

 

市販のカレールーもめっちゃ好きやねんけど、やっぱり普段から料理してたら言いたくなるじゃない?

 

「え、使ってるカレールー?いや、俺はスパイスで作るよ(キリッ)」

 

「市販のルーも美味しいよ。でもやっぱりスパイスからだと味違うんだよね。(ドヤァ)」

 

「スパイスだと自分で好きな味に調整できるとこがいいよね。市販のルーってどうも”化学調味料の味”とかしちゃってさ…(キラッ)」

 

…うん、これは言ってみたい。

 

さすがに言ったらモテる気がする。

 

カッコイイー!!ダイテー!!

とか聞こえてきたらどうしよう。

 

一回でも作れば「スパイスで作る」とか言っていいよね…?

 

よし、作ろう。

 

こんな邪な思いで始まったスパイスカレー作りだった。

 

 

今の時代、どのスパイスを使えばいいかなんてググればすぐに出てくる。

 

便利な時代になったもんだ。

 

調べてみたところ、最低限必要なのは4つあればいいらしい。

 

とりあえず、揃えてみた。

 

レッドチリはたまたま別の容器に持ってたから、写ってないけど。

 

他になんとなくそれっぽい感じのも集めて、パシャリ。

 

具材は、鶏肉、玉ねぎ、トマト缶、にんにくの4つのみ。

 

f:id:joinchu:20190626133427j:image

粉状にしたほうがいいので、とりあえずミキサーで砕いた。

 

砕けていくスパイスを見るのが楽しすぎて写メ撮るの忘れてた。(病んでる)



f:id:joinchu:20190626133417j:image

 

で、分量をググって、別皿に取り分ける。

 

余談だけど、クミンがマジでワ○ガのニオイ。

 

かなり強烈な。

 

調べてみたら人によっては違うみたいだけど、そう感じる人も多いと書いてあったよ。

 

 

そしたら玉ねぎを丸ごと2個と、にんにく1個をみじん切りにして炒める。

 

いわゆるあめ色玉ねぎってやつ。


f:id:joinchu:20190626133339j:image

 

いい感じの色になったら、トマト缶を投入。



f:id:joinchu:20190626133347j:image

 

とりあえずこれで今回の野菜は全部投入。

 

水分は全部野菜から出るから、水とかは入れない。


f:id:joinchu:20190626133353j:image

トマトスープみたいのが出来上がったら、ついにスパイスを投入していく。

 

※何か順番とかもあるみたいだけど忘れたから、作る人はググってね。



f:id:joinchu:20190626133437j:image

 

お、おお…。


f:id:joinchu:20190626133433j:image

 

こ、これは何というか…


f:id:joinchu:20190626133344j:image

かなりカレーっぽいぞおおおおお!!!

 

で、ここらへんで味見をしてみる。

 

カレー…これはカレーだ!!

 

普通にカレー…だけど?

 

なんだ、これ。

 

この突き抜けないサラッとした感じ。

 

カレー独特のまとわりつく感じが足りない。

 

口の中でカレーなのは、最初だけ。

 

その後の”何か”が物足りない。

 

ここで少し迷走し始める。

 

クミンを増やしたり、ターメリックを増やしたり。

 

いろいろ入れてみるけど、根本的な部分で変わらない。

 

そうこうしているうちに、粉の分量が多くなってきたのか…液体らしさが消えてきた。


f:id:joinchu:20190626133405j:image

 

もう、これ以上は…

 

次の一手で何か確実なスパイスを入れないと…

 

このカレーは失敗に終わってしまう…!

 

そして、完全なる盲点に気づいてしまう。

 

 

 

あれ…?

 

レッドチリパウダー入れてなくね?

 

あ、うん…。

 

入れてないね…。

 

最初の写真を撮る時に、持ってこなきゃって思っててそのまま忘れてたね。

 

もう最後のチャンスだ…!

 

分量は、液体感をギリギリまで損なわないくらいしか入れれない…!

 

こいつであっているのか…!?


f:id:joinchu:20190626133413j:image

 

完成いいいいいい!!!!!!!

 

レッドチリでした。

 

マジでメチャクチャ大事。

 

口に入った瞬間のカレー感をしっかりとピシッて感じに留めてくれる。

 

ぼやけてない味が出来上がった。

 

スパイスカレーって案外簡単にできるものなのね。

 

でも大事なスパイスの入れ忘れには注意。

 

普通そんなミスとかしないんだろうけど。笑

 

しかもスープを野菜で作ってるから、ゴロゴロと鶏肉だけでも栄養素とれる。

 

すごいゾ、スパイスカレー。

 

これはやみつきになりそうだ。

 

次はもっとこだわってやってみようかな。

 

具材とかも悩むなあ。

 

こういうことを考えるのも楽しいのが料理ですな♪

 

ということで今日はここまで!

 

また次回お会いしましょう。

 

ログポース〜自分の音楽の整理〜

これからの指針として残しておこう。

 

今日、過去から溜めに溜めた自作曲の音楽と面と向かった。

 

一度音楽を捨てると決めた日から、このノートやルーズリーフ達は捨てるに捨てれなくて、ずっと持っていた。

 

最近特に思っているのが、「自分の限界は自分が作ってしまっている」ということ。

 

これは尊敬するレペゼン地球のDJ社長が言っていたことから思い知った。

 

「自分のできる音楽としたい音楽は一致してなきゃいけない」という気持ちがあったのは事実で。

 

「俺はこんな音楽しかできないから」というものを象徴したかのようなノートたち。

 

f:id:joinchu:20190619174418j:image

 

だから、こいつらと真剣に向き合って、捨てるものは捨てようと決意した。

 

今の俺でも全ては持てない。

 

やることと、やらないことはしっかりと分けていかなければ、ということでノートを開く。

 

一番驚いたのは、本当に雑に作った曲以外は何となくでも「覚えている」ということだ。

 

少しのメモとして残していたものも含めると300枚近くあったように思う。

 

これと全て向き合うのは、骨が折れた。

 

このノートの文字や歌詞は、過去の俺を象徴していて、とりわけいい歌詞があるわけじゃないと思ったけど、やっぱり愛着はあって。

 

だからこそ、これを捨てなければ先に行けないと思った。

 

半分ではなく、過去の俺をしっかりと弔う。

 

俺はもう、過去の俺じゃない。

 

過去ももちろん持って行くけど、いつまでも咲かない目に水をやっているわけにはいかない。

 

 

俺の作った歌を読み返しているうちに、いろんなことを思い出した。

 

それは「この時ってこんなことがあってこんな曲作ったんだよな」みたいな。

 

まさに写真のようなものだった。

 

ムカついたこと、楽しかったこと、悲しかったこと、嬉しかったこと。

 

いつの間にか、それは思い出すのもやっとな記憶の一部に成り果てていて、

 

この時々に感じていた俺の胸を抉るような先鋭さはない。

 

俺を苦しめることはない。

 

自分の作った曲がまるで悪者みたいだな。

 

でも、そう。

 

良いも悪いもひっくるめて、音を作ってきたんだ。

 

良いを出せずにいた自分を、これから生かしていく。

 

俺の大好きな曲たちよ、今までありがとう。

 

 

もっとすごい音楽作るから。

 

君たちとは、ここでお別れだ。

 

半分なんて往生際が悪いことはしない。

 

俺の身を、時間を削って生まれた半身たちよ。

 

心から感謝する。

 

f:id:joinchu:20190619174436j:image

 

俺は一度、音楽を捨てた。

 

前回の記事で書いたことだけど、音楽は一度捨てた。

 

もちろんそれも前回で書いたけど、もともとは取り戻すつもりだったわけで。

 

理由はその時に、書く歌詞すべてに限界を感じたというもの。

 

中学生の時からギターで曲を作ってて、自分の頭の限界を超えれなくなった。

 

つまり、脳みそという空間に「言葉」が支配されてた。

 

実際に歌詞を書く上で、制限をつけて書くと、歌詞は死ぬ。

 

自由さも失われるし、そこに彩も感情もない。

 

書く歌詞、書く歌詞、全部がそんなふうに感じてしまって、この限界を超えるためには一度捨てるしかないと思った。

 

捨てたあとにたくさんの本を読んだ。

 

自分の捨てて空いた部分の脳内に、たくさんの文字を入れたかった。

 

読書にのめり込むようになるうちに、いつの間にか、夢である”音楽”のことを忘れてしまっていた。

 

 

これがいつになっても尾を引いていて、路上ライブだとか、テレビで有名になる歌手やミュージシャンには、嫉妬のような感情を常に浮かべていた。

 

そしてそれを見ないふりしていたのだから、人間の脳の「忘れっぽさ」は本当にえげつないものだと感じてしまった。

 

自分はその場所に立てない。

 

その場所に立つには、俺には別のものがある。

 

そうやって、蓋をして見ないようにしていた。

 

「俺は本気を出したらすごい」

 

そんな半端な言い訳で夢を語った。

 

でも14歳の頃から、ずっとギターやってたじゃんか、って。

 

バンド組むのも、複数でライブするのも苦手だけど、

 

音楽はすごく好きじゃんって。

 

俺、もっかい音楽のこと好きになっていいって気づいちゃったから。

 

だから、俺はまだまだ戦えるはずなんだ。

 

捨ててた分、ブランクでグダグダになってると思う。

 

それでもいい。

 

今は一歩ずつ前に行く。

 

ただただ進んでいくだけだ。